メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR東日本

羽田アクセス線、5月環境影響評価へ 東京駅方面から

 JR東日本の深沢祐二社長は15日、羽田空港と東京都心を結ぶ新路線「羽田空港アクセス線」に関し、5~6月に、東京駅方面とつなぐ「東山手ルート」の環境影響評価(アセスメント)に着手すると明らかにした。自社の貨物線を転用する港区の田町駅付近から品川区の東京貨物ターミナル付近までの約7・4キロと、同ターミナルから羽田空港につくる新駅までのトンネル約5・0キロが対象。アセスに3年、建設に7年かかり、2029年ごろの完成を見込んでいる。

 JR東は、子会社の東京モノレールを除き、羽田への路線を持っておらず、需要拡大が見込まれる路線構築は…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文631文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヤドン、うどん県のマンホール蓋に 20日から香川の16市町に順次設置

  2. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  3. 拘置支所収容の50代男性が死亡 水戸刑務所 /茨城

  4. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです