メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦A級順位戦 三浦弘行九段-羽生善治九段 第34局の5

羽生、完勝で6勝目

 図で[先]5二角は[後]5八歩が軽妙手。[後]5九角の王手飛車が痛打で、[先]5八同玉は[後]3八銀と絡まれて困る。

 三浦は[先]5二とで形を作った。勝勢の羽生は、1手ごとに慎重に読みを入れた。[後]3八銀から[後]5八歩がうまい組み合わせだ。[後]3五桂(終了図)で三浦投了。[後]7八飛成と金を補充する手があり先手玉は助からない。

 終局時刻は午後8時27分。A級順位戦としてはかなり早い。三浦は珍しく2時間以上も持ち時間を残した。

この記事は有料記事です。

残り465文字(全文692文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「未明に自宅で突然刃物で首を刺された」高2男子が被害 男は逃走 埼玉・蕨
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです