メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トレンド観測

Theme 海外版権 「言語の壁」破れば商機

中国・北京市内の書店に陳列される日本の出版物の翻訳本=講談社提供

 国内出版市場が縮小するなか、出版各社は中国や米国で海外版権ビジネスを強化している。

 出版大手の講談社(東京都文京区)は2005年、中国・北京に100%出資の「講談社(北京)文化有限公司」を設立。18年は売上高、経常利益ともに過去最高を記録した。同社の売上高は2990万元(1元=約17円)。講談社の海外ビジネスのなかで米国に次ぐ2番目の売り上げだ。

 同社から版権を買った中国の出版社や編集プロダクションが、翻訳本を出版する。中国でのビジネス拡大につ…

この記事は有料記事です。

残り775文字(全文1000文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  2. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
  3. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  4. ファーウェイ排除、中国世論沸騰 習主席は「持久戦」呼びかけ
  5. 丸山穂高氏、自民弁明要求に「体調不良で欠席」連絡 「女」発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです