メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

南米選手権 大迫不参加 森保監督「構想変わらず」

 サッカー日本代表FW大迫勇也(28)が所属するドイツ1部リーグのブレーメンが大迫の体調を考慮して南米選手権(6月開幕)に参加させないと発表した件で、日本代表の森保一監督は15日、「監督として必要であれば(全ての選手を)招集できるよう日本協会にお願いしたい。現段階で私自身の構想が変わることはない」と話した。東京都内で取材に応じた。

     大迫は日本が準優勝したアジア・カップで右でん部痛を抱えながら4得点と活躍したが、チームに戻った後は欠場が続いている。J1広島を率いた経験のある森保監督はクラブ側にも理解を示し「代表活動後に大迫がブレーメンに戻ってプレーできなくなったことは残念」と語り、各クラブとの連携を深めながらチームを編成する方針だとした。【大島祥平】

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
    2. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
    3. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
    4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
    5. 「イージス引き受けないのは非国民との批判、県内外から」秋田の佐竹知事が明らかに

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです