メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

健保法改正案

扶養「国内居住」 中国から年1回来日、心臓病治療 「全額負担」母どうなる

定住支援をしている外国人の子どもに読み聞かせをする楊さん(右奥)。「外国人が安心して暮らせる仕組みを守ってほしい」と訴える=東京都目黒区で(楊さん提供)

 政府は15日、健康保険法など8本の法律をまとめた医療・介護関連法改正案を国会に提出した。法案の柱は、健康保険を使える扶養家族に「国内居住」要件を設けること。これには親を母国に残して日本で暮らす外国人から懸念の声が上がっている。日本の健康保険によって原則3割の自己負担で治療を受けてきた家族は、来年4月からすべて自費で賄うことになるからだ。【酒井雅浩】

 中国籍で東京都目黒区に住む楊〓(ヤンミャオ)さん(38)は、先天性の心臓弁膜症を患う母(66)を思…

この記事は有料記事です。

残り769文字(全文995文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  2. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  3. 大阪府が国未公表の情報を独自公表 感染者移動経路や滞在市町村名

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです