メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

開閉会式予算130億円 計画具体化で増加

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は15日、東京都内で理事会を開き、開閉会式の予算の上限額を招致段階の91億円から130億円に引き上げることを決めた。演出内容が具体化して事業費を概算したところ超過が見込まれた。超過分は調整費などを充て、大会経費の総額1兆3500億円は超えないとしている。

 組織委によると、12年ロンドン大会の費用は約160億円。16年…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文455文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. 死者増さらに加速か 4000人から5000人まで14日間 高齢者で死亡率高く

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです