みずほFG アリババ傘下「アリペイ」と提携 3月から独自QR決済「Jコインペイ」開始で

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
Jコインペイ利用のイメージ
Jコインペイ利用のイメージ

 みずほフィナンシャルグループ(FG)は、スマートフォンでQRコードを読み取って決済する独自のサービス「Jコインペイ」を3月に開始し、中国インターネット通販最大手アリババグループと提携する。Jコインペイの加盟店で、アリババ傘下企業が運営するQRコード決済「アリペイ」を使えるようにする。全国の約60の地方銀行もJコインペイを導入し、地方の加盟店を増やす方針で、アリペイを利用する中国人観光客らの日本国内での消費拡大にもつながりそうだ。

 Jコインペイは、スマホの専用アプリにみずほや地銀の口座からお金をチャージして使う。1Jコイン=1円で、飲食店や小売店などで支払いができるほか、利用者間で手数料なしで送金もできる。

この記事は有料記事です。

残り692文字(全文999文字)

あわせて読みたい

注目の特集