メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ氏、シリアで「IS支配地域消滅」と発表へ

 【ワシントン会川晴之】トランプ米大統領は16日にも、過激派組織「イスラム国」(IS)のシリアでの支配地域が消滅したとする発表を行う見通しだ。2014年9月から始めたシリアでの戦闘を終結させ、約2200人の駐留米軍を撤収させる方針も改めて示すとみられる。

 ただ、ISは支配地を失ったとしても、「(シリアとイラクに)2万~3万人の戦闘員がいる」(ボーテル米中央軍司令官)と見られており、米軍撤収により息を吹き返すとの懸念もある。そうした中でのトランプ氏の発表は、在外駐留米軍の規模縮小という自らの方針を正当化する政治的な色彩が強いものといえる。

 トランプ氏は15日、ホワイトハウスで記者団に「シリアと(ISの)支配地域の消滅についてのすばらしい知らせがある。24時間以内に発表されるだろう」と語った。

この記事は有料記事です。

残り500文字(全文849文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「翌月」を「翌日」 コロナ対策本部でまた言い間違え

  2. 文科省、個別入試の中止・変更をけん制 全大学に「慎重な検討」促す

  3. 日医会長「訪日外国人患者受け入れ、可能ではない」東京オリンピック開催に厳しい見方

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです