メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外国人、甘い言葉で金ねだる 国際ロマンス詐欺に注意

国際ロマンス詐欺の手口のイメージ

 うその肩書を名乗りソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上で接触してきた外国人に金銭をだまし取られる被害が広がっている。恋愛感情や親近感を抱かせてつけ込む手口は「国際ロマンス詐欺」と呼ばれ、福岡、埼玉両県警が1、2月に福岡県内の女性らへの詐欺容疑で逮捕したナイジェリア人とカメルーン人の男計5人は米軍人などをかたっていた。SNSの普及が被害を拡大させており、関係機関が注意を呼び掛けている。【平塚雄太】

 シングルマザーの40代の日本人女性のSNSにある日、本文のない1通の空メールが届いた。「間違いでは」と返信すると、相手はアフガニスタンに駐在する英国軍人の「デビッド」と名乗り「妻をがんで亡くし娘がいる45歳」と英語で自己紹介してきた。英語ができた女性は、自分と似た父子家庭という境遇に親近感を覚えSNSなどでやりとりをするようになった。

この記事は有料記事です。

残り1153文字(全文1529文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 首相、全国の緊急事態宣言解除を発表 「世界的に厳しい基準をクリアした」

  3. 森法相、黒川氏訓告は「法務・検察で判断」 官邸主導の一部報道を否定

  4. エンタメノート リアリティー「風」番組と匿名中傷の悲劇 女性レスラー急死の教訓

  5. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです