タイで阿蘇PRを 観光大使にBNK48任命 いいね!50倍に

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
阿蘇広域観光アンバサダーに就任したBNK48のメンバー=熊本県阿蘇市で、杉山恵一撮影
阿蘇広域観光アンバサダーに就任したBNK48のメンバー=熊本県阿蘇市で、杉山恵一撮影

 熊本・阿蘇地域の7市町村の観光協会でつくる阿蘇広域観光連盟は、2016年4月の熊本地震で落ち込んだ阿蘇の観光を復活させようと、タイ人観光客をターゲットにした誘客に乗り出した。佐賀県での成功例にも触発され、タイに阿蘇を知ってもらおうとアピールに懸命だ。

 「サワッディー」。18年12月5日、阿蘇山の草千里を見下ろす展望所で、観光連盟の稲吉淳一会長が約70人を前にタイ語で「こんにちは」とあいさつした。日本の人気アイドル、AKB48の妹分で、タイの首都バンコクを拠点にする「BNK48」のメンバー5人を1年間、広域観光大使(アンバサダー)に任命したイベントだ。

 熊本県観光統計によると、阿蘇地域の観光客は15年の1585万人から、地震後の17年には1168万人と26%減少した。熊本市や九州道から阿蘇に向かう大動脈、国道57号も南阿蘇村での大規模崩落で不通のまま。JR豊肥線も肥後大津(大津町)―阿蘇(阿蘇市)間が不通だ。さらに阿蘇山の噴火で14年8月~18年2月に中岳火口周辺の立ち入りが規制され観光客減少に拍車がかかった。

この記事は有料記事です。

残り525文字(全文987文字)

あわせて読みたい

ニュース特集