メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

観光客招く猫城主「さんじゅーろー」 豪雨被害でダウンの入場者数持ち直す

 「天空の山城」と呼ばれる岡山県高梁市の備中松山城で、昨年7月の西日本豪雨後に1匹の猫が観光客を呼び寄せている。名前は「さんじゅーろー」。豪雨で城周辺の道は土砂崩れで塞がれ、復旧後も入場者数が大きくダウンしたが、猫の人気で持ち直した。市観光協会から「城主」に任命され、立派に招き猫役を務めている。

 さんじゅーろーは推定3歳の雄。同市内の難波恵さん(40)が自宅で飼っていたが、昨年7月初旬の豪雨後に逃げ出した。近くの備中松山城に姿を見せるようになったのは同月下旬。城のスタッフが餌をやると、翌8月には本丸付近へ「入城」するようになった。

 観光客に人懐っこく甘える姿がソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上で人気になり、市観光…

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文915文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです