メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

観光客招く猫城主「さんじゅーろー」 豪雨被害でダウンの入場者数持ち直す

 「天空の山城」と呼ばれる岡山県高梁市の備中松山城で、昨年7月の西日本豪雨後に1匹の猫が観光客を呼び寄せている。名前は「さんじゅーろー」。豪雨で城周辺の道は土砂崩れで塞がれ、復旧後も入場者数が大きくダウンしたが、猫の人気で持ち直した。市観光協会から「城主」に任命され、立派に招き猫役を務めている。

 さんじゅーろーは推定3歳の雄。同市内の難波恵さん(40)が自宅で飼っていたが、昨年7月初旬の豪雨後に逃げ出した。近くの備中松山城に姿を見せるようになったのは同月下旬。城のスタッフが餌をやると、翌8月には本丸付近へ「入城」するようになった。

 観光客に人懐っこく甘える姿がソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上で人気になり、市観光…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 敷きっぱなしの布団に雑魚寝 同じ皿を回し食事 結核発症の実習生
  3. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  4. 蒼井優さんが追突事故
  5. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです