メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤井聡太七段、行方尚史八段破り決勝へ 渡辺明棋王と対戦 朝日杯

朝日杯将棋オープン戦の準決勝で行方尚史八段(左)と対局する藤井聡太七段=東京都千代田区で2019年2月16日午前10時半、佐々木順一撮影

 第12回朝日杯将棋オープン戦(朝日新聞社主催)の準決勝2局が16日午前、東京都千代田区で行われ、連覇を目指す藤井聡太七段(16)は行方尚史八段(45)に勝ち、午後からの渡辺明棋王(34)との決勝に駒を進めた。

 朝日杯は全棋士が参加し、持ち時間各40分で戦う。準決勝は約600席のホールの舞台上で、公開対局形式で行われた。後手番になった藤井は息詰まる中盤戦を制して主導権を握り、押し切った。

 終局後、藤井は「序盤から定跡のない将棋で、一手一手が難しかった」と振り返った。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  2. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  3. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故
  4. 官邸・与党「ちぐはぐさ」露呈…補選2敗 安倍政権、影響抑えに躍起
  5. SNSで水着姿公開 ロシア女性教師が退職に追い込まれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです