メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

辺野古移設沖縄県民投票 福岡でも市民団体がシール投票

辺野古への米軍基地移設問題について、街頭でシール投票をする女性たち=福岡市中央区で2019年2月16日午後2時50分、森園道子撮影

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設の賛否を問う県民投票(24日投開票)に合わせ、市民団体が16日、福岡市中央区天神の繁華街でシールを使って意思を示す「市民投票」を実施した。本土でも沖縄の基地負担について考えようという取り組みで、約100人が参加した。

 在日米軍専用施設の7割が集中する中、「本土に沖縄の米軍基地を引き取る福岡の会」が企画。実際の投票は3択だが、今回は賛成と反対の2択でボードにシールを集めた。

 「反対」にシールを貼った福岡県春日市の藤原むつみさん(53)は「なぜ辺野古のきれいな海を埋め立てて…

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文552文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 眞子さま、佳子さまは… 配偶者や子どもも皇族?女性宮家

  3. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  4. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  5. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです