メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はしかの公表情報、自治体で差 国の基準なく患者居住地や利用交通機関など詳しく公表する市も

名古屋市役所本庁舎=名古屋市中区で、駒木智一撮影

 感染が広がる麻疹(はしか)について、自治体が公表する情報に地域差が生じている。名古屋市のように患者の居住地や利用した公共交通機関などを詳しく公表する自治体がある一方、大阪府などは大まかな患者情報しか明らかにしない。はしかは感染力が強く、患者の行動経路は感染状況の把握で重要な情報になる。専門家は「国が公表基準を定めるべきだ」と指摘する。

 国立感染症研究所が作成したはしか発生時のガイドラインは、保健所が市民や医療関係者に向けて速やかに情…

この記事は有料記事です。

残り853文字(全文1072文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 定食「やよい軒」、一部店舗でおかわり有料化 客から「不公平感」に意見
  3. 維新が兵庫で勢力拡大 大阪の勢い取り込み 県内市議選、18人中17人当選
  4. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです