メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

直木孝次郎さん 「建国記念の日」で問題提起、各地の遺跡保護運動にも尽力

母を語る直木孝次郎さん=奈良市で2008年4月24日、森園道子撮影

 直木孝次郎さんは、古代史研究の傍ら、「建国記念の日」制定に関して問題提起し、難波宮など各地の遺跡保護運動にも参加した。歴史の事実や古代の文化を現代に伝える遺跡を破壊から守るために闘った生涯だった。

 建国記念の日に関しては、国会で「歴史学上の根拠がない」と主張。議論を巻き起こした。日本史教科書の検定問題を巡る「家永裁判」では、家永三郎氏側の証人に立った。

 自らの神話研究、古代史研究について「戦争が始まったことについて歴史教育に責任の一端がある。国粋主義…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  3. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  4. サラリーマン川柳 サラリーマン川柳、今年の1位発表 「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」
  5. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです