メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

しんかん

しんぶんのタバー/スズメのくらし/ライチョウを絶滅から救え

てい

 ☆しんぶんのタバー(萩原はぎわら弓佳ゆかさく小池こいけ壮太そうた/PHP研究所けんきゅうしょ/1296えん

     イスーンこく王様おうさまは、一番いちばんいいイスをめる「いいイスコンテスト」をひらくことにしました。そのらせをたイスたちは、「われこそは」とおしろ目指めざします。新聞紙しんぶんしをたばねてヒモでしばったタバーも、コンテストに参加さんかすることに。途中とちゅうほかのイスたちに「きみはイスではない」とわれますが、タバーはまえすすみます。

    ちゅう

     ☆スズメのくらし(平野ひらの伸明のぶあきぶん写真しゃしん福音館書店ふくいんかんしょてん/1404えん

     いえのまわりや公園こうえんはたけ町中まちなかなどでられるスズメは、わたしたちにもっと身近みぢかとりです。どんなつくるか、なにべているか、どこでねむるかっていますか。スズメはとても臆病おくびょう用心深ようじんぶかいため、そのくらしぶりはあまりられていません。じつは、とてもきれいきなのです。豊富ほうふ写真しゃしんでスズメの秘密ひみつにせまります。

    こう

     ☆ライチョウを絶滅ぜつめつからすくえ(国松俊英くにまつとしひでちょ小峰書店こみねしょてん/1620えん

     くに特別天然記念物とくべつてんねんきねんぶつのライチョウは、絶滅危惧種ぜつめつきぐしゅ分類ぶんるいされています。ライチョウはさむ環境かんきょうこのみ、高山こうざん頂上ちょうじょうちかくでらします。えすぎたシカやサルが高山こうざんらし、地球ちきゅう温暖化おんだんか影響えいきょうでライチョウのかずってしまいました。ライチョウの研究けんきゅう保護ほごにつくす鳥類学者ちょうるいがくしゃ中村なかむら浩志ひろしさんの姿すがたとおして、自然環境しぜんかんきょうについてかんがえます。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
    2. 西山さん「無罪判決もらえるよう、頑張る」 滋賀患者死亡・再審確定
    3. 除染土使用に反発「安全なら五輪に」 福島・常磐道の沿線住民
    4. 頼みのバッハ会長が水面下で「NO」突きつけ…JOC竹田会長は「詰んでいた」
    5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです