メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NEWSの窓

メディア 官邸記者会見 厳しい問い、あたりまえ

記者会見で国際捕鯨委員会(IWC)からの脱退を発表する菅義偉官房長官=首相官邸で2018年12月26日、川田雅浩撮影

[PR]

山田やまだ道子みちこ 毎日新聞まいにちしんぶん 紙面審査委員しめんしんさいいん

 全国ぜんこく新聞しんぶんしゃ通信社つうしんしゃはたらひとやくわりはいっている日本新聞労働組合連合にほんしんぶんろうどうくみあいれんごう新聞労連しんぶんろうれん)という団体だんたいが5いつか総理大臣官邸そうりだいじんかんてい質問しつもん制限せいげん抗議こうぎしました。

     どういうこと? 官邸かんていでは午前ごぜん午後ごごの2かい菅義偉すがよしひで官房長官かんぼうちょうかん記者会見きしゃかいけんをします。さくねん12がつ会見かいけん東京新聞とうきょうしんぶん記者きしゃ沖縄県おきなわけんにあるアメリカぐん普天間飛行場ふてんまひこうじょう移設いせつ工事こうじめぐり「うみ土砂どしゃ投入とうにゅうした現場げんばでは赤土あかつちひろがっている。どう対処たいしょするか」と質問しつもんしました。記者きしゃ政権せいけんきびしい質問しつもんをすることで有名ゆうめいです。官邸かんていがわは「赤土あかつちによる汚濁おだくひろがっているかのような表現ひょうげん適切てきせつではない」「事実じじつまえた質問しつもんをしてほしい」と官邸かんてい記者きしゃクラブにもとめました。これにたいし、新聞労連しんぶんろうれんは「赤土あかつちひろがりは現場げんばれば明白めいはく」と事実じじつあやまりはないと指摘してき。「官邸かんてい沿わない記者きしゃ排除はいじょするようなもうれは容認ようにんできない」と抗議こうぎしたのです。

     この問題もんだいは12にち国会こっかいでもげられました。すが会見かいけん動画どうが国内外こくないがい配信はいしんされ、「事実じじつもとづかない質問しつもんで、あやまった事実認識じじつにんしき拡散かくさんされるおそれがある」と説明せつめいしました。でも、すが事実誤認じじつごにんうのなら、会見かいけん根拠こんきょしめして説明せつめいするのが一番いちばんさくではないでしょうか。

     専修大学せんしゅうだいがく山田健太やまだけんた教授きょうじゅ言論げんろんほう)は、官邸かんていがわ記者きしゃクラブへのもうれについてこんなきびしい見方みかたをしています(朝日新聞あさひしんぶんなのか朝刊ちょうかん)。「事実上じじつじょう取材しゅざい妨害ぼうがい国民こくみん権利けんり阻害そがいする行為こういでもある」「記者きしゃクラブにもうれをすることで、報道ほうどうかい全体ぜんたいけるとともに、間接かんせつてき政権せいけんへの忠誠ちゅうせいくすようもとめている」

     会見かいけん記者きしゃ質問しつもんして政府せいふかんがえを。それをほうじてみなさんの権利けんりこたえます。ひとごとではありませんね。同時どうじに、メディアはみなさんの権利けんりこたえるため、政権せいけんかくしたいとかんがえていることを質問しつもんをしなければならないとおもいました。


     政治部せいじぶ夕刊編集部ゆうかんへんしゅうぶ政治せいじなが取材しゅざい週刊誌しゅうかんし「サンデー毎日まいにち」の編集長へんしゅうちょうつとめた。新聞しんぶんそとから新聞しんぶん経験けいけんをして、メディアに関心かんしんつようになった。1961年東京都生ねんとうきょうとうまれ。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

    2. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

    3. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

    4. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

    5. 内閣支持率急落「謙虚に受け止める」 菅官房長官会見詳報 

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです