メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
アスリート交差点2020

深く掘り下げる思考、培ってくれた恩師たち 陸上・山県亮太の「再現力」

山県亮太選手=2018年8月26日、徳野仁子撮影

 僕は、何をするにしても深く掘り下げて物事を考える性格です。この価値観は、各年代の恩師たちによって形成されました。もうじき卒業シーズンとなる今回は、「先生」の思い出を振り返ります。

 陸上の道に入るきっかけを作ってくれたのが、広島ジュニアオリンピアクラブの会長だった日山正光先生と副会長だった君代先生のご夫妻です。小学4年時に地元・広島であった交歓大会の100メートルで優勝した直後、2人でスタンドに来て、「いい脚ですね。ぜひ、うちで陸上を」と熱心に誘ってくれました。

 当時は野球もしていて、陸上を始めることには消極的でした。でも、クラブの見学に行って練習に参加してみ…

この記事は有料記事です。

残り1386文字(全文1669文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです