メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アスリート交差点2020

深く掘り下げる思考、培ってくれた恩師たち 陸上・山県亮太の「再現力」

山県亮太選手=2018年8月26日、徳野仁子撮影

 僕は、何をするにしても深く掘り下げて物事を考える性格です。この価値観は、各年代の恩師たちによって形成されました。もうじき卒業シーズンとなる今回は、「先生」の思い出を振り返ります。

 陸上の道に入るきっかけを作ってくれたのが、広島ジュニアオリンピアクラブの会長だった日山正光先生と副会長だった君代先生のご夫妻です。小学4年時に地元・広島であった交歓大会の100メートルで優勝した直後、2人でスタンドに来て、「いい脚ですね。ぜひ、うちで陸上を」と熱心に誘ってくれました。

 当時は野球もしていて、陸上を始めることには消極的でした。でも、クラブの見学に行って練習に参加してみ…

この記事は有料記事です。

残り1386文字(全文1669文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. 特別支援学校の34歳教諭逮捕 小学生男児に強制性交容疑
  4. 男性から男児の性的被害、トラウマ深刻 元特別支援学校の教諭逮捕
  5. 教祖なき後に 地下鉄サリン事件24年/中 「神格化」警戒は続く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです