メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

右も左も同じクルマ! 石を投げれば当たるほど売れまくったホンダ車7選

情報提供:カートップ

右も左も同じクルマ! 石を投げれば当たるほど売れまくったホンダ車7選

庶民に新車でクルマを買うという夢を叶えたモデルも!

 クルマが売れまくったマイカー時代を始め、つい最近までマイカーを持つのが当たり前だった時代。売れまくったヒットグルマはたくさんあったが、今回は

トヨタ編日産編に続いて、ホンダ編を見てみよう。

1) N360

ホンダ車

 マイカー時代到来といっても、1960年代から1970年代にかけては新車を買うなんて夢のまた夢だった。庶民は中古を月賦で買うしかなく、軽自動車も人気だった。そのなかで、ライバルも安い衝撃価格で登場したのがN360で、後継車となるライフ、そして派生のZなど、よく見かけた。ただ、本田宗一郎自身が「軽自動車には耐久性は不要」という考え方だっただけに、ときが経つと見かける台数も少なくなっていった。

2)初代シビック

 今で言うところのコンパクトカーブームだろうか。欧州発のFF2ボックスブームが日本にも到来。そこで出てきたのが初代シビックで、マイカー需要と相まってヒットした。友達の家のクルマはシビックというパターンも多かった。

ホンダ車

3)初代シティ

ホンダ車

 デザインはもちろん、マッドネスを使ったCMなどインパクトは超大だっただけにヒット。若者の足としても大人気だった。2代目となると人気は降下してしまったのは残念だが、ホンダの特徴として人気尻すぼみというのもあるような気がする。

4)ステップバン

ホンダ車

 こちらもライフファミリーだが、サーファーに大人気だった。丘サーファーにも愛され、局地的ながら、行くところに行くとよく見たものだ。あとは酒屋さんが使っているのも多かった。

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「紅白」司会に綾瀬さんと桜井さん 総合司会は内村光良さん

  2. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  3. ことば AYA世代

  4. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです