メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・旅する・みつける

栃木・日光 東武ワールドスクウェア ガリバー気分で世界旅行 /東京

サグラダ・ファミリアを背景に記念撮影する観光客=栃木県日光市の東武ワールドスクウェアで、花野井誠撮影

 栃木県日光市のテーマパーク「東武ワールドスクウェア」が、近年じわりと人気を集めている。世界遺産や著明な建築物を実物の25分の1スケールで精巧に再現しており、「インスタ映え」する人気スポットとして国内外の観光客が訪れている。「ガリバー気分で世界旅行」を堪能しようと足を運んだ。【花野井誠】

 東武ワールドスクウェアは1993年4月にオープンした。約8万7000平方メートルの敷地には「とうぶ」にちなんで102点の建造物が建ち並ぶ。近年は中国や台湾など、アジア地域からの外国人観光客も多い。

 園内に入って最初に目につくミニチュアは国会議事堂だ。広報担当の大塚愛子さんは「知名度の高い建物を見てもらうことで、25分の1で統一された世界観を実感してもらえます」と狙いを教えてくれた。さらに進むとミニサイズでも高さ26メートルの東京スカイツリーやJR東京駅といった「現代日本ゾーン」が広がる。近づいてみると、思ったより大きいことが実感できる。

この記事は有料記事です。

残り1303文字(全文1719文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  5. 安倍首相「長期戦の覚悟を」「気を緩めれば急拡大」「現金給付行う」 新型コロナで記者会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです