メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見つけた・この店

小千谷 居・食・亭 東忠 江戸のたたずまい今に /新潟

 司馬遼太郎の歴史小説、戊辰(ぼしん)北越戦争を描いた「峠」に次のような記述がある。

 「とにかく、岩村軍監は席をはらって立ってしまった。この時刻は--岩村の記憶では--午後二時ごろである。会談は三十分ぐらいでしかなかった。

 継之助は、とりつくしまをうしなった。主人が去った以上、客がこれ以上居るわけにもいかず、やむなく玄関に出た。」

 のちに小千谷談判と呼ばれる和解交渉が決裂。長岡藩家老、河井継之助は慈眼寺を出て、遅い昼食を取った。…

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文791文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです