メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みのひだフォーカス

県警、交通事故防止にデータ活用 ピンポイントで警戒 蓄積30万件、高度な予測へAI検討 /岐阜

 県警交通企画課は、これまで蓄積した約30万件の事故データなどを分析した上で事故多発場所を絞り込み、ピンポイントで交通警戒にあたる取り組みを始めた。将来的にはAI(人工知能)なども活用し、正確な事故発生予測も検討する。同課は「分析の高度化を図り、限られた警察力で最大限の効果が得られるようにしたい」と意気込む。【沼田亮】

 同課では2015年から、地理情報システム(GIS)を交通事故データ管理のために取り入れた。事故の発…

この記事は有料記事です。

残り953文字(全文1163文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役
  2. 男性から男児の性的被害、トラウマ深刻 元特別支援学校の教諭逮捕
  3. 大阪・岸和田で工場火災 8棟約2600平米焼く けが人なし
  4. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  5. 全国高校eスポーツ選手権 大黒柱はLOL初の高校生プロゲーマー 初代王者狙う学芸大付国際

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです