メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水素製造

省エネ、安価 岐阜薬科大など開発 新技術「5年後に実用化」 /岐阜

水素製造に道

 岐阜薬科大(岐阜市大学西1、稲垣隆司学長)などの研究グループは14日、岐阜市内で記者会見し炭化水素化合物から水素ガスを連続して取り出す新技術を開発したと発表した。同大の佐治木弘尚教授(環境化学)は「省エネルギーで安価に水素を製造でき、脱炭素社会に向け、燃料電池や水素ステーションへの応用が可能になる。5年後には実用化を目指したい」と話している。

 開発したのは、同大薬品化学研究室、サイダ・FDS(静岡県焼津市)、エヌ・イー・ケムキャット(東京都…

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文476文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 余録 アニメーションの工程に「原画」「動画」「仕上げ」「背景画」などがあるのを…
  4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  5. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです