メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

久留倍官衙遺跡

「八脚門」の講演・見学会 歴史館1周年で 来月23日 /三重

 国史跡に指定されている古代の役所跡「久留倍官衙(くるべかんが)遺跡」(四日市市大矢知町)で3月23日、遺跡のシンボル的な建物「八脚門」の見学会と講演会が行われる。同遺跡のガイド施設「くるべ古代歴史館」の開館1周年を記念し、市教育委員会が企画した。

 久留倍遺跡は飛鳥~平安時代にかけて当時の朝明郡の役所「郡衙」があった場所とみられ、中心施設の「政庁」跡から正殿と2棟の脇殿、正門に当たる「八脚門」の遺構が見つかった。南北を軸とする通常の役所跡と異なり、東を向いている点でも注目さ…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文599文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 眞子さま、佳子さまは… 配偶者や子どもも皇族?女性宮家

  3. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  4. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  5. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです