メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

着物バザー

眠った着物、役立てよう 障害者施設の建設費に 2月末まで募集 宮津 /京都

提供を受けた浴衣や帯。着物バザーで宮津のまちの財産を生かしたいと願っている=京都府宮津市で、安部拓輝撮影

 宮津市で障害者を支援する「宮津・伊根地域の作業所をささえる会」が3月21日に着物バザーを企画している。売り上げは同市惣で3月に完成するグループホームの建設資金に充てるつもりで、2月末まで着物の提供を呼び掛けている。

 着物バザーは3月21日午前10時半から宮津市民体育館の剣道場で。昨年9月から着物を集め始めたところ…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文397文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

  5. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです