メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大連吟

参加募集 5月、四天王寺で公演 /大阪

 伝統芸能・能楽の謡に、大人数による合唱という新たな要素を加えた「大連吟」への参加者を、大阪の能楽師たちが募集している。経験、年齢、性別など一切不問。能楽堂などでの稽古(けいこ)を経て、5月12日に四天王寺(大阪市天王寺区)の五智光院(ごちこういん)で、能楽師らと一緒に発表公演を行う。

 「大連吟」は、2人以上で謡う「連吟」に「大」を付けた造語で、2008年に若手能楽師らが京都で始めた。大阪では昨年に続いて2回目の開催。夫婦愛や長寿を願って結婚式などで親しまれてきた「高砂」を謡う。高…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文608文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです