メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア

「IS支配地域消滅」 米大統領発表へ

 【ワシントン会川晴之】トランプ米大統領は16日にも、過激派組織「イスラム国」(IS)のシリアでの支配地域が消滅したとする発表を行う見通しだ。2014年9月から始めたシリアでの戦闘を終結させ、約2200人の駐留米軍を撤収させる方針も改めて示すとみられる。

 ただ、ISは支配地を失ったとしても、「(シリアとイラクに)2万~3万人の戦闘員がいる」(ボーテル米中央軍司令官)と見られており、米軍撤収により息を吹き返すとの懸念もある。そうした中でのトランプ氏の発表は、在外駐留米軍の規模縮小という自らの方針を正当化する政治的…

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文645文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  2. サッカーキング アディダスが日本代表新ユニのリークへ声明発表…正式発表は後日実施へ

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. 元パラ選手マリーケ・フェルフールトさん安楽死 ロンドン、リオで金含む複数メダル

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです