メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2019

レオパレス施工不良拡大 調査3割、被害どこまで

レオパレス物件の施工不良箇所

 賃貸アパート大手「レオパレス21」(東京都中野区)の施工不良問題は、最大1万4400人超の入居者が転居を迫られる事態となった。調査対象の物件は約4万棟に上るが、調査に着手した物件は約35%(1月28日時点)にとどまる。同社は引っ越しや改修費用を全額補償するとしているが、最終的な費用負担額は見通せておらず、同社の経営やサブリース業界に与える影響も懸念されている。

 「改修工事が予定より遅れている。入居者が出て行ったら、家賃収入もなくなってしまう」。千葉県流山市で…

この記事は有料記事です。

残り2613文字(全文2845文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」
  2. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  3. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず
  4. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  5. 米大統領杯は137センチ、30キロ トランプ氏から朝乃山へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです