メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

本の「買い切り」って何? 「取次」介さず直接購入 アマゾンが試行へ=回答・山口敦雄

書籍の「買い切り」方式導入を発表したアマゾンジャパン=東京都品川区で2018年9月、宮武祐希撮影

 なるほドリ ネット通販大手のアマゾンジャパンが年内にも、書籍(しょせき)の「買い切り」方式を試験的に始めると発表したね。どういうことかな?

 記者 この方式は、出版社から書籍を直接購入し販売するものです。アマゾンによると、買う本は出版社と協議して決定し、一定期間は出版社が設定した価格で販売すると説明しています。売れ残った場合は、出版社と協議し値下げ販売なども検討するとしています。書籍を各書店に配本(はいほん)する「取次(とりつぎ)」を通さないで購入する方式で、書籍の流通に大きな変化をもたらす可能性があります。

 Q そもそも書籍の流通はどういう形になっているの?

この記事は有料記事です。

残り462文字(全文745文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  2. 「それ誘拐かも?!」愛知県警、投稿者に警告 小中学生の神待ちツイート後絶たず

  3. ロンドン市長選候補「東京五輪代替開催の用意」 新型肺炎で中止を想定

  4. クルーズ船の乗客2人死亡 新型コロナ感染確認の80代の男女

  5. 福岡市の60代男性が新型コロナ感染 九州で初確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです