メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

中村英雄さん=毎日地球未来賞を受賞した

中村英雄さん

 子どもの頃、地元・徳島市を流れる1級河川・新町川で魚を釣り、いかだを組んで遊んだ。だが、高度経済成長と共に川は汚れ、川底にヘドロがたまっていった。周辺で阿波踊りのイベントが開かれる際、消臭剤がまかれたこともある。

 父の後を継ぎ、川の近くの商店街で靴店を営む。1989年、川辺に完成した公園がテレビで紹介され、汚れた川も一緒に映った。「生まれ育った大切な場所がさらに汚れていくのを放ってはおけない」と、本格的に川を清掃する決心をした。

 翌年、思いを同じくする友人らと10人で「新町川を守る会」を設立。月2回、ボートを出し、ヘドロに埋まった冷蔵庫やテレビなど粗大ごみを網で引き揚げた。「無駄や」と冷めた目で見る市民もいたが、休まず続けた活動は今年で30年目。メンバーは約250人に達し、約50団体が支援団体として名を連ねる。川には魚が戻ってきた。

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文668文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  4. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

  5. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです