メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁・将棋スペシャル

囲碁 仲邑菫さん記念対局 世界の強豪と連戦 才能示し、課題知る機会に

曹薫鉉九段(左)と対局する仲邑菫さん=ソウル郊外で2019年1月30日、渋江千春撮影

 <仲邑菫さん記念対局>

 今年4月、10歳0カ月の史上最年少で入段する小学4年生の仲邑菫(なかむらすみれ)さん(9)は、7歳から韓国にたびたび渡り、2017年4月からは韓鐘振(ハンジョンジン)九段(39)主宰の道場で修業し、実力を伸ばした。同国内でも注目を集め、韓国棋院の事務総長、金榮三(キムヨンサン)九段(44)が「世界チャンピオンになるには、5年かかるだろう」と、世界一になる可能性があることを前提に述べるほど、評価も高い。

 菫さんは先月23日に世界最強の女流棋士、崔精(チェジョン)九段(22)、同30日には「囲碁の皇帝」…

この記事は有料記事です。

残り1075文字(全文1340文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです