メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
さあこれからだ

/160 誰もが自由に生きられる国に=鎌田實

「教科書にない1回だけの命の授業」=盛岡市の岩手県立盛岡南高校で2013年6月、鎌田さん提供

 東日本大震災直後、岩手県宮古市の中学生から手紙が来た。「死にたい」と書かれていた。津波の被害に遭い、大きなショックを受けるなかで、骨肉腫になり、病気との闘いを余儀なくされていた。

 「応援に行くよ」と、返事を書いた。

 宮古市の中学校を訪ね、「教科書にない1回だけの命の授業」をさせてもらうことになった。この授業はぼくのライフワーク。医師として支えてきた命の大切さ、チェルノブイリやイラクの子どもたちが直面する現実……そんな命の話を子どもたちに直接、語り掛けてきた。

 手紙をくれた中学生と直接話す機会を得た。その後何度も宮古市を訪ねた。この中学生は病気のハンディを克…

この記事は有料記事です。

残り1317文字(全文1599文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  3. 対韓輸出規制 半導体「3カ月限界」 日本の規制強化で 朝鮮日報報道

  4. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  5. 首相「WTOに反しない。徴用工は歴史問題ではない」 対韓輸出規制で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです