メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
今週の本棚・新刊

『<女流>放談--昭和を生きた女性作家たち』=イルメラ・日地谷=キルシュネライト編

 (岩波書店・3132円)

 1980年代、駆け出しの日本文学研究者だったドイツ人の編者が、第一線で活躍する女性作家14人にインタビューした。佐多稲子、円地文子といった明治生まれのベテランから、河野多惠子、石牟礼道子らの中堅、津島佑子ら編者と同世代の若手まで。一例を除き発表されないまま眠っていたが、三十数年の時を経て、本人または遺族の許可を得られた11人の記録が出版された。

 まだ東西冷戦下、作家たちは「西ドイツ」から来た30代の女性研究者の求めに応じ、文学に対する考え方を…

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文490文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. サンデー毎日発 全国240大学・実就職率ランキング 学生の将来にも責任を持つ就職支援力が高い大学は?

  3. 妻のがん闘病支えるパキスタン人男性 在留特別許可求め提訴 

  4. 訪日客人気スポット「チームラボ」菅長官が視察「来年は4000万人に」

  5. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです