メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『<女流>放談--昭和を生きた女性作家たち』=イルメラ・日地谷=キルシュネライト編

 (岩波書店・3132円)

 1980年代、駆け出しの日本文学研究者だったドイツ人の編者が、第一線で活躍する女性作家14人にインタビューした。佐多稲子、円地文子といった明治生まれのベテランから、河野多惠子、石牟礼道子らの中堅、津島佑子ら編者と同世代の若手まで。一例を除き発表されないまま眠っていたが、三十数年の時を経て、本人または遺族の許可を得られた11人の記録が出版された。

 まだ東西冷戦下、作家たちは「西ドイツ」から来た30代の女性研究者の求めに応じ、文学に対する考え方を…

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文490文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  2. 青森・八戸で女子児童が男に首切られる

  3. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  4. 富士登山の動画配信中に滑落か 警察の捜索難航

  5. 池袋暴走原因断定 ブレーキとアクセルの踏み間違え 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです