メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

本村凌二・評 『静寂と沈黙の歴史 ルネサンスから現代まで』=アラン・コルバン著、小倉孝誠・中川真知子・訳

 (藤原書店・2808円)

人間の感性の軌跡をたどる

 誰でも自宅に個室をもちたがる。それは自然の願望だと思えるが、実のところ、個室への欲求は19世紀になってからにすぎないらしい。そこには、自分だけの空間、秘密の殻、静寂の場がある。「横暴な人間の顔は消え、私はもう自分に苦しむほか苦しまない。(…) 誰にも満足せず、自分に満足せず、静寂と夜の孤独のうちで、私は立ち直り、少しはうぬぼれてみたい」(ボードレール)という自分がいる。

 だが、自然の静寂がありふれている森林のような場所であれば、鳥や蛙(かえる)から葉っぱにいたるまでが…

この記事は有料記事です。

残り1247文字(全文1509文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  5. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです