メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

虐待児支援

一元化 弁護士や医師、NPO設立へ 神奈川

 神奈川県の弁護士や医師ら専門家が集まり、親などから虐待を受けた子ども(被害児)への支援をワンストップで実施するNPO「神奈川子ども支援センター・つなっぐ」(横浜市)の設立準備を進めている。関係機関と広範囲に連携して子どもを支援する取り組みは珍しいといい、新年度からのスタートを目指す。【国本愛】

 虐待事案を巡っては、児童相談所(児相)や警察、学校、病院など関係機関の連携が課題になっている。「つなっぐ」は各機関と被害児との間に入り、情報共有などのための連絡や調整を行う。被害児に対しては医療や裁判・法的支援など必要なサポートを講じる。

 被害児を支援するため、一括して話を聞き取る「司法面接」の面接者や「系統的全身診察」などの虐待を発見するノウハウを備えた人材の研修プログラムも検討している。

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文747文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  2. 痴漢 電車扉付近は注意 被害の9割集中 ポスター・女性専用車…警察・交通機関、対策に懸命

  3. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  4. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  5. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです