メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

虐待児支援

一元化 弁護士や医師、NPO設立へ 神奈川

 神奈川県の弁護士や医師ら専門家が集まり、親などから虐待を受けた子ども(被害児)への支援をワンストップで実施するNPO「神奈川子ども支援センター・つなっぐ」(横浜市)の設立準備を進めている。関係機関と広範囲に連携して子どもを支援する取り組みは珍しいといい、新年度からのスタートを目指す。【国本愛】

 虐待事案を巡っては、児童相談所(児相)や警察、学校、病院など関係機関の連携が課題になっている。「つなっぐ」は各機関と被害児との間に入り、情報共有などのための連絡や調整を行う。被害児に対しては医療や裁判・法的支援など必要なサポートを講じる。

 被害児を支援するため、一括して話を聞き取る「司法面接」の面接者や「系統的全身診察」などの虐待を発見…

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文747文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  3. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  4. 汚染処理水発言撤回せよ 松井大阪市長に府漁連が抗議文

  5. 国民「自公政権入り」? 玉木氏とN国・立花氏の共演動画が波紋

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです