メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不知火のほとりで

石牟礼道子の世界/70止 されく

 <日曜カルチャー>

魂が動く、日が昏れる

 2月3日、石牟礼道子さんの一周忌の法要が熊本市東区の真宗寺であった。親族ら23人が集まった。

 道子さんの12歳下の妹の西妙子さんは茶系の渋い柄のワンピース。道子さんの形見の着物を洋風に仕立てたものだ。「わあ、覚えがあります」と女性らが囲む。

 石牟礼さんは1978~94年、真宗寺の崖下に仕事場を借りた。寺に始終行き来し、住職一家や修行僧らと親しんだ。84年の親鸞聖人御遠忌(しんらんしょうにんごえんき)に「花を奉るの辞」を奉納。先代住職死去の折には導師を務めた。縁の深いお寺である。

 現在の佐藤薫人(ふさと)住職は82年生まれ。本堂で仕事をすることもあった石牟礼さんは先代住職の孫の薫人少年をかわいがり、キツネの物語「しゅうりりえんえん」を読んであげたりした。その少年が住職となり石牟礼さんのためにお経をあげている。

この記事は有料記事です。

残り1776文字(全文2155文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 視聴室 十三人の刺客

  2. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  3. 「半年後、生きているだろうか?」医療者に忍び寄る不安 職員3割が「燃え尽き症候群」

  4. 大阪府の感染状況は「緊急事態宣言級」 専門家が憂う最悪の事態とは

  5. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです