メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旅するカモメ

ボーダーツーリズム アラル海(中央アジア) 環境破壊からの復興を学ぶ

ウズベキスタン・ムイナクの「船の墓場」=イワン・アラディン氏撮影

 旧ソ連のカザフスタンとウズベキスタンの国境にある湖、アラル海。流入する河川流域でのかんがい開発により、その表面積の8割以上が干上がり、旧湖底では砂漠化が進行しています。

 中でもアラル海の表面積の9割を占めていた大アラル海の復活は絶望視されています。ウズベキスタン側のかつてのアラル海の港町ムイナクを訪れてみましょう。旧湖岸はアラル海の縮小についてのモニュメントが建ち、崖下には方々から集められた廃船が並んでいます。アラル海を南北に往来していた船の「墓場」です。さらに先、大アラル海がわずかに残ったところまで車で行くとキャンプをすることもできます。塩分濃度は海水の約5倍。湖水浴をすると体がぷかぷかと浮きます。

 カザフスタン側では、アラル海の北側の小アラル海を堤防でせき止めることで水位がかなり回復しました。塩…

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文778文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです