メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金熊賞は「シノニムズ」 ベルリン映画祭

金熊賞を受賞し、金色のトロフィーを手に笑顔を見せる「シノニムズ」のナダブ・ラピド監督=ベルリンで2019年2月16日、小林祥晃撮影

 【ベルリン小林祥晃】第69回ベルリン国際映画祭は16日(日本時間17日)、コンペティション部門の授賞式があり、最高賞の金熊賞にナダブ・ラピド監督の「シノニムズ」(仏、イスラエルなど合作)が選ばれた。同作は、フランス人として生きようとパリに渡ったイスラエルの若者が困難に直面する姿を、フランスやイスラエルに対する皮肉を込めて描いた。

 次点の審査員グランプリには、幼児期に聖職者から性的虐待を受けた男性たちが、被害者団体を設立して闘う…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  2. 学校ストライキ 「行ってる場合じゃない」 地球守れ、世界180万人
  3. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  4. 藤井七段が小6の弟弟子に負けちゃった 故郷で12人と同時対局 「鋭い攻めうまい」(スポニチ)
  5. わたしの歩跡 大部屋出身の俳優 土平ドンペイさん(52)=草津市/19 凶悪な形相で赤ちゃん言葉 /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです