メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

官兵衛神社、今秋に建立 姫路・地鎮祭に氏子ら100人

官兵衛神社の地鎮祭で行われた鳴弦の儀。後方が広峯神社本殿=兵庫県姫路市で2019年2月16日、広田正人撮影

 軍師として知られる姫路ゆかりの武将・黒田官兵衛をまつる「官兵衛神社」が、兵庫県姫路市の広峯神社=幸田精久(きよひさ)宮司=内の本殿西側に今秋建立されることになり16日、地鎮祭が行われた。【広田正人】

 官兵衛は59年の生涯のうち40年余を姫路で過ごし、祖父重隆の代から親交のあった広峯神社で信仰心を学び、戦国武将としての才能を育んだとされる。姫路にあった父職隆(もとたか)の墓から見…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  2. 双子のパイロット訓練生、被災の熊本から羽ばたく 全日空と日航に入社へ
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  5. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです