メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」

JR松江駅前を歩く上田地優さん。性のことを考えなくてよい社会の実現を望んでいる=松江市で、根岸愛実撮影

 同性婚など同性愛者の権利向上を求める動きが活発な今、取り残されていると感じている人がいる。心と体の性が一致しない性同一性障害を持つ上田地優(ちひろ)さん(60)だ。当事者の人権向上に尽力して成果を上げてきたが、このほど「活動に区切りをつける」と表明した。風当たりが強まるばかりの現状に失望したからという。【根岸愛実】

 上田さんは松江市で寺の長男として生まれ、20代から40代まで鳥取県米子市で英語講師として働いた。性…

この記事は有料記事です。

残り862文字(全文1071文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. 乳がん さいたま出身の54歳北村さん、自らの体験出版 ありのままの大切さ思い 術前と術後の写真掲載 /埼玉
  4. 札幌で雪 冬に逆戻り 24日まで気温低く
  5. 女性用アダルトグッズ、百貨店で好評 展開仕掛ける女性広報の思い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです