メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

硫黄島戦没者遺骨 遺族「DNA鑑定を」 厚労省は「遺品なし」理由に拒否

硫黄島(東京都小笠原村)で戦死した近藤龍雄さん=福岡県柳川市で2018年10月24日、栗原俊雄複写

 第二次世界大戦の激戦地、硫黄島(東京都小笠原村)で戦死した日本軍兵士の遺族が、同島で収容された遺骨のDNA鑑定を求めている。鑑定の好条件がそろい、身元が判明して遺族のもとに帰る可能性があるが、所管の厚生労働省は原則をたてに鑑定を拒否している。沖縄県の一部ではこの原則外でも鑑定に応じており、「差別」との批判もある。2016年に成立した戦没者遺骨収集推進法の理念と同省の運用との矛盾も浮き彫りになっている。

 戦死したのは福岡県昭代村(現柳川市)の近藤龍雄さん。農家の長男で陸軍に徴兵された。硫黄島には194…

この記事は有料記事です。

残り1310文字(全文1563文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 日本悲願の8強、アジア初 スコットランド破りA組1位 世界ランキング過去最高7位に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです