メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競馬・藤田菜七子はG1制覇ならず5着 フェブラリーステークス

フェブラリーステークスでJRA所属の女性騎手として初めてG1レースに挑んだ藤田菜七子騎手(左端)=東京競馬場で2019年2月17日、宮武祐希撮影

 日本中央競馬会(JRA)の藤田菜七子騎手(21)が17日、東京都府中市の東京競馬場で行われたフェブラリーステークス(G1、ダート1600メートル)でJRA所属の女性騎手として初めてG1レースに騎乗した。単勝4番人気のコパノキッキングに騎乗し、5着だった。1着は武豊が騎乗した1番人気のインティ。

 藤田は2016年3月にJRA7人目の女…

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文369文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  3. 風知草 韓国に「NO」という意味=山田孝男
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです