メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論の周辺

「詳細」の喪失という危機

養老孟司著「神は詳細に宿る」(青土社)

 解剖学者の養老孟司さんの評論集『神は詳細に宿る』(青土社)が刊行された。10年前から昨年までの間、雑誌に発表した8編の集成で、インタビューや講演の収録といった話し言葉で書かれたものが多く、読みやすい。とはいえ、これまでの著作と同様、語り口は平易でも独特な飛躍と展開があって、正確に理解するのは必ずしも易しくない。もちろん、その自在さが「養老節」の魅力なのだが。

 タイトルは「神は細部に宿る」とも訳される格言だ。キリスト教世界から出たもの、という以上の説明はない…

この記事は有料記事です。

残り1247文字(全文1478文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  2. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
  3. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  4. ファーウェイ排除、中国世論沸騰 習主席は「持久戦」呼びかけ
  5. 丸山穂高氏、自民弁明要求に「体調不良で欠席」連絡 「女」発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです