連載

論の周辺

本や雑誌をはじめ、世に飛び交う「論」から、さまざまな話題・現象について考えます。

連載一覧

論の周辺

「詳細」の喪失という危機

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
養老孟司著「神は詳細に宿る」(青土社)
養老孟司著「神は詳細に宿る」(青土社)

 解剖学者の養老孟司さんの評論集『神は詳細に宿る』(青土社)が刊行された。10年前から昨年までの間、雑誌に発表した8編の集成で、インタビューや講演の収録といった話し言葉で書かれたものが多く、読みやすい。とはいえ、これまでの著作と同様、語り口は平易でも独特な飛躍と展開があって、正確に理解するのは必ずしも易しくない。もちろん、その自在さが「養老節」の魅力なのだが。

 タイトルは「神は細部に宿る」とも訳される格言だ。キリスト教世界から出たもの、という以上の説明はないが、詳細(細部)は英語のディテールに当たる。「詳細とは、言葉にできないものである。つまり伝達不可能なものである」と論じている。養老さんの好きな虫の世界が示す、自然の多様性は良い例である。

この記事は有料記事です。

残り1154文字(全文1478文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集