メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論の周辺

「詳細」の喪失という危機

養老孟司著「神は詳細に宿る」(青土社)

 解剖学者の養老孟司さんの評論集『神は詳細に宿る』(青土社)が刊行された。10年前から昨年までの間、雑誌に発表した8編の集成で、インタビューや講演の収録といった話し言葉で書かれたものが多く、読みやすい。とはいえ、これまでの著作と同様、語り口は平易でも独特な飛躍と展開があって、正確に理解するのは必ずしも易しくない。もちろん、その自在さが「養老節」の魅力なのだが。

 タイトルは「神は細部に宿る」とも訳される格言だ。キリスト教世界から出たもの、という以上の説明はないが、詳細(細部)は英語のディテールに当たる。「詳細とは、言葉にできないものである。つまり伝達不可能なものである」と論じている。養老さんの好きな虫の世界が示す、自然の多様性は良い例である。

この記事は有料記事です。

残り1154文字(全文1478文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声をつないで 「いかに異常か気づいてほしい」中満泉・国連事務次長が海外から見た日本の現状

  2. 「ホテル三日月」従業員に感染なし 武漢チャーター機帰国者が宿泊

  3. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

  4. 千葉・市川市立の全小中を休校 フィットネスクラブ利用の3人感染判明で

  5. 「1日に5000件処理」韓国が新型コロナを大量検査できる理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです