メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Shall・we・バレエ?

ローザンヌは「入試」から「就活」へ=斉藤希史子

(C)Gregory Batardon

 スイス・ローザンヌ国際バレエコンクールで、今年は日本勢3人が入賞を果たした。最高の3位に入った佐々木須弥奈(すみな)は大阪の雄・佐々木美智子バレエ団の直系だ。祖母が主宰者で、父の佐々木大はロシアでも活躍した、日本を代表するダンサー。母方をたどっても3代目という筋金入りのバレリーナである。

 古典審査で踊った「エスメラルダ」はロマの娘の役。美智子によると須弥奈の母・杉原小麻里(さおり)がいち早く国内のコンクールで披露し、旋風を起こした「お家芸」という。蹴り上げた足でタンバリンを鳴らすなどけれん味も必要だが、須弥奈は伸びやかな肢体を自在に操り、日本人離れしたスケール感で圧倒。英国人振付家ウェイン・マクレガーの「クロマ」では、男子をもしのぐ存在感を放った。

 今回特筆すべきは、須弥奈を含む入賞者が3人とも、すでに欧州に留学中という点だろう。コンクールの目的…

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文867文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  5. 宮迫さん契約解消 終息の「落としどころ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです