メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Shall・we・バレエ?

ローザンヌは「入試」から「就活」へ=斉藤希史子

(C)Gregory Batardon

 スイス・ローザンヌ国際バレエコンクールで、今年は日本勢3人が入賞を果たした。最高の3位に入った佐々木須弥奈(すみな)は大阪の雄・佐々木美智子バレエ団の直系だ。祖母が主宰者で、父の佐々木大はロシアでも活躍した、日本を代表するダンサー。母方をたどっても3代目という筋金入りのバレリーナである。

 古典審査で踊った「エスメラルダ」はロマの娘の役。美智子によると須弥奈の母・杉原小麻里(さおり)がいち早く国内のコンクールで披露し、旋風を起こした「お家芸」という。蹴り上げた足でタンバリンを鳴らすなどけれん味も必要だが、須弥奈は伸びやかな肢体を自在に操り、日本人離れしたスケール感で圧倒。英国人振付家ウェイン・マクレガーの「クロマ」では、男子をもしのぐ存在感を放った。

 今回特筆すべきは、須弥奈を含む入賞者が3人とも、すでに欧州に留学中という点だろう。コンクールの目的…

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文867文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  2. パチンコで4人の子放置の疑い、両親逮捕 3カ月の三男は留守中に死亡 兵庫県警

  3. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  4. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです