メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公害調停

ぜんそく患者が申し立て 「大気汚染公害」一律助成求め

 自動車の排ガスなどによる大気汚染が原因で発症したと訴えるぜんそく患者が18日、全国一律の大気汚染公害に関する医療費助成制度の創設を求め、公害等調整委員会に公害調停を申し立てた。代理人の西村隆雄弁護士によると、東京都や川崎市を除くほとんどの自治体に医療費の助成制度はなく、重い負担を強いられている患者からは「安心して暮らすためには早期の助成制度創設が必要だ」との声が高まっている。

 調停を申し立てたのは、全国公害患者の会連合会のほか、首都圏や愛知、大阪などに居住するぜんそく患者約…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  3. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  4. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」
  5. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです