メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ともに・2020バリアーゼロ社会へ

パラチア、笑顔で奮闘 相模原の4人チーム、プロとの競演果たす

 身体障害者のチアリーディング(パラチア)チームが、女子バスケットボールトップリーグ「Wリーグ」のハーフタイムショーでプロのチアチームと初めて競演した。チアは将来、五輪・パラリンピックに採用される可能性もあり、関係者は「パラチアの裾野を広げたい」と意気込んでいる。

 今月2日、東京都大田区であった東京羽田ヴィッキーズ-アイシンAW戦。ハーフタイムに、プロフェッショナルチアリーディング協会のチアリーダー10人とともに、相模原市のNPO法人「スピッツェン・パフォーマンス」のパラチアチームの4人がコートに登場した。自立歩行はできるが下肢などが不自由な2人と車椅子の2人が軽快な音楽に合わせて踊り、最後は笑顔でポーズを決めた。

 チーム最年長で川崎市の高校1年、間瀬(ませ)康一郎さん(16)は「大勢のお客さんの前で演技できてよ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  2. 西山さん「無罪判決もらえるよう、頑張る」 滋賀患者死亡・再審確定
  3. 除染土使用に反発「安全なら五輪に」 福島・常磐道の沿線住民
  4. 頼みのバッハ会長が水面下で「NO」突きつけ…JOC竹田会長は「詰んでいた」
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです