メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

波のまにまに

会いたかった大先輩=戸田栄

 会う機会を得られなかったのだが、心に残る重い教えをいただいた毎日新聞の大先輩が亡くなったことを社内報で知った。昨年10月末に97歳で逝去された、長尾文平さんだ。学芸部長や編集委員を務め、1976年に定年退職している。退職は、私の入社の10年以上前で社内で見かけたこともない。

 私は2015年、被爆から16年後に原爆症で死亡した毎日新聞広島支局の重富芳衛記者について調べ、「恐るべきかな原爆」という連載記事を書いた。その時、「突然お手紙をさし上げて失礼します。拝読し、70年前をなつかしく思い起こしました」という手紙をもらった。

 「終戦の翌年、広島支局を訪れ、記者になりたいと申し入れたのです。『なにか小文を書け』といわれて、当…

この記事は有料記事です。

残り630文字(全文944文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  5. 宮迫さん契約解消 終息の「落としどころ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです