メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

波のまにまに

会いたかった大先輩=戸田栄

 会う機会を得られなかったのだが、心に残る重い教えをいただいた毎日新聞の大先輩が亡くなったことを社内報で知った。昨年10月末に97歳で逝去された、長尾文平さんだ。学芸部長や編集委員を務め、1976年に定年退職している。退職は、私の入社の10年以上前で社内で見かけたこともない。

 私は2015年、被爆から16年後に原爆症で死亡した毎日新聞広島支局の重富芳衛記者について調べ、「恐るべきかな原爆」という連載記事を書いた。その時、「突然お手紙をさし上げて失礼します。拝読し、70年前をなつかしく思い起こしました」という手紙をもらった。

 「終戦の翌年、広島支局を訪れ、記者になりたいと申し入れたのです。『なにか小文を書け』といわれて、当…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. 特別支援学校の34歳教諭逮捕 小学生男児に強制性交容疑
  4. 男性から男児の性的被害、トラウマ深刻 元特別支援学校の教諭逮捕
  5. 教祖なき後に 地下鉄サリン事件24年/中 「神格化」警戒は続く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです