メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トーク

豊竹咲太夫 「高野聖」を朗読、MBSラジオで鈴木京香と共演 今も新鮮、近松に通じる味

MBSラジオ「名作朗読館」で鈴木京香さんと共演した豊竹咲太夫=東京都千代田区の国立劇場で、竹内紀臣撮影

 「他ジャンルの人と仕事をすると頭の活性化になるんですよ」。女優の鈴木京香と2人で小説「高野聖(こうやひじり)」の朗読に挑んだ「豊竹咲太夫&鈴木京香の名作朗読館」が24日午後8時、MBSラジオで放送される。

 「ラジオでドラマのような朗読をしてみたい」と、MBSの担当者に相談したのは昨年秋のこと。1957年から2008年まで51年間、NHKで放送されたラジオドラマ「日曜名作座」がヒントになった。森繁久弥と加藤道子が2人で声色を変えながらさまざまな人物を演じ分けた名物番組で、現在は西田敏行と竹下景子による後継番組「新日曜名作座」が放送されている。今回の相手役を務める鈴木は文楽好きで、以前から楽屋で顔を合わせるなど面識もあった。快諾をもらい、初共演が実現した。

 「高野聖」は泉鏡花が1900年に発表した。高野山の僧侶・宗朝が旅の道連れとなった若者に、かつて自分…

この記事は有料記事です。

残り690文字(全文1071文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 氷河期世代支援「使い捨て」脱するには… 先行する埼玉で問題点を探った

  2. 小泉環境相、石炭火力の輸出制限表明を見送り COP演説 国際的反発必至

  3. ORICON NEWS 翁の能面のような優しい顔…ゴールデンレトリバーの“おじいわん”に反響「老犬の魅力伝えていきたい」

  4. 羽生一問一答「自分の中の勝負には勝てた」「40点差、大きくない」

  5. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです