メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リンゴ

「ロンバス栽培」広まる 「雪で枝折れ」防止 人手不足解消にも期待 朝日 /山形

 袋を付けない「無袋(むたい)栽培」発祥の地として知られ、130年以上のリンゴ栽培の歴史がある朝日町で近年、新たな栽培方法が広まりを見せている。雪の重みで枝が折れることを防ぐ「ロンバス栽培」で、昨年は「朝日ロンバス栽培全国大会」が開かれるなど、注目を集めてきた。【日高七海】

 ロンバスはひし形を意味する。リンゴの木の幹や、そこから広がる主要な枝を鉄製のパイプに沿うように誘引し、パイプ内に通したワイヤも使って補強する。軸となるパイプは木の幹より高さがあり、斜め上に向かって枝分かれしたパイプと、その先から軸の先端に伸びるワイヤがひし形のように見えるのが特徴だ。冬場に枝に雪が積もっ…

この記事は有料記事です。

残り437文字(全文727文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に津波注意報
  2. 震源は「日本海東縁ひずみ集中帯」 逆断層型、繰り返し発生 新潟震度6強
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  5. 高台などへ深夜の避難 住民ら不安の一夜 新潟震度6強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです