メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 避難の母ら訴え「本音語り合う場を」 横浜 /東京

 東京電力福島第1原発事故後に福島県から避難した人たちへの支援のあり方などを考える講座が、横浜市青葉区のスペースナナであった。都内や神奈川県内に子どもと避難している母親たちがゲストとして参加し、体験などを語った。

 子どもと一緒に福島市から都内に避難した岡田めぐみさんは、情報が少なく孤立した経験から、避難者同士で情報共有する交流の場「むさしのスマイル」を運営している。「事故から8年を迎えるが、避難者がサロンに来れば、いつでも情報があるというまちづくり…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文567文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  2. 丸岡いずみさん、コロナ陽性で入院 夫の有村昆さんがクラスター発生の劇場で感染

  3. 政権がGoToを強行する理由 アクセルとブレーキ同時に踏む「むちゃ」

  4. 東京、コロナの警戒レベルを最高に 「感染拡大」 小池都知事、緊急記者会見へ

  5. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです